毎日が苦しい・・諦めたいのに諦められない恋

私(女、28歳)。彼(28歳)。
彼と初めて出会ったのは三年前の冬でした。
仕事の仲間達と一緒に飲み会に出掛けた私は、お酒も入りとても楽しい気分で仲間と騒いでいました。

すると、ちょうど隣の席で飲んでいた彼と、彼の同僚達に声をかけられ、流れで一緒に飲むことに。

その帰り道に彼に声をかけてもらい、連絡先を交換。

お互い恋人もいないということで、何かの縁だとデートを重ねるようになっていきました。

彼と会う度、私は彼の紳士的な振る舞いや、優しさにどんどん心を奪われていきました。

そんなある日、彼との15回目のデートで、告白された私は大喜びでお付き合いすることに。

それから半年くらいは仕事も忙しいこともあり、仕事終わりにデートして、ホテルに泊まって、朝はお互い会社にそのまま出社するという形を繰り返していました。

私自身、そのときは全く疑うこともなく、純粋に彼との楽しいひと時を過ごしていて幸せでした。

しかしそんなある日、彼に、お前の家にいきたいと言われ、次第に家でのデートが増えていきました。

お互い自宅がそんなに近いわけではなかったので、私は特に気にしなかったのですが、ある日私の方から彼の家にもいきたいということを伝えてみました。

すると、彼はしばらく黙って、衝撃の発言を私に浴びせてきたのです。

実は結婚している。でも、お前と出会って俺は本当に結婚したいのはお前だって思った。別れるからしばらく我慢してくれと。

唖然としました。
別れようと思いましたが、だめでした。
どんなに足掻いても、私は彼に惚れている。

離婚する気なんてないのはココロのどこかでわかってるんです。

【アドバイス】

幸せになれない恋に、意味なんてあるのか、とふと考えます。いくつもある出会いの中で、やっと見つけた眩しいひとつが、実はとんでもない闇だとしても、人間という生き物は、すべてを投げ打ってでも、その闇を抱きしめたくなるものです。「悪い」とされていることが魅力的に見えてしまうからこそ、こわいのです。恋愛ももちろんそうですね。出会い、互いを知り、時間を重ね、心も体も重ねたときに、残酷な現実を突きつけられたということですが、諦められないあなたの気持ちが、痛いほどよく分かります。まず何より彼があり得ないです。社会人としても、大人としても、まずあり得ません。せめて嘘をつくなら、最初から最後までつきとおすのが優しさではないでしょうか。中途半端な優しさや、中途半端な懺悔は必要ありません。結局は自分の身を守ることしか考えておらず、離婚する保証なんてどこにもなく、あなたの心が壊れてしまうのが目に見えます。残念ながら人間は、口では何とでも言えるのです。平気で嘘をつける彼に、いつ裏切られてしまうか分かりませんよ。毎日苦しい思いをするくらいなら、いっそ彼とお別れして、新しい気持ちで新しい恋に飛び込んでみませんか。きっと扉を開けば新しい世界があなたを待っていることでしょう。