本命になれるにはどうしたらいいの?

付き合って2年になる彼氏がいます。と言うと、じゃあ年齢的にも結婚間近だね!という感じになるのですが、いえいえ、私の彼氏には正式な彼女がいて、そっちとはもう3年ほど付き合っていて、そっちこそ結婚か?というような感じです。

私は29歳にもなって、31歳でのらりくらりと私を囲い続けるこのどうしようもない男をたちきることが出来ずにいます。

友達も何人か結婚を控えていて、やっぱりちゃんと愛されているという実感があるのか、とても幸せそうで、私は彼氏がいるとはいえ、いつもどこかで不満がたくさん、自分の身の振り方を決められず、一人の夜になると、何度となく不安定になり、いっそ別れてしまえ!と決意しては、彼からの呼び出しの電話にいそいそと出掛けていくという不毛な毎日を繰り返しています。

彼もずるくて、私のことを一番目の彼女にする気持ちもないくせに、彼女と喧嘩をしただとか、性格がきついから癒されないなどと、私の方に甘えてきます。
たぶん、私がそうされると弱いことすらわかっているんだと思います。

ほんとに、彼の手のひらの上で転がされているような状態です。彼女は私より3歳も年下で、結婚したら家庭には入るようで、いわゆる腰掛けで仕事をしているようです。私はそれなりに責任をもって仕事をしているので、そういう女性が大嫌いで、彼がなぜそんな女性を好きなのか、仕事にたいしては真面目な彼なのに、何とも思わないのか不思議で仕方ありません。

なんとか考え直さないかな、なんて、まだ悪あがきをしてしまっています。

【アドバイス】

最初から彼に本命の彼女がいることを承知の上で始まった交際だとしたら、彼だけを責めるのはお門違いでしょうね。どこかであなたは二番目でも良い、と思ってしまっているのではないでしょうか。だからこそ彼も二番目のあなたをキープできるよう、本命の悪口をわざと言って、甘えてくるのでしょう。その彼の言葉をすべて鵜呑みにするのは、ちょっと単純すぎる気がします。「嘘も方便」という言葉があるように、人は自分の都合の良いように、平気で嘘をつける生き物なのです。結局のところ「都合の良い女」というポジションに必死でしがみついているのは、あなたの方なんですよ。二番目を作る男は、平気で本命と二番目を使い分けます。本命とは文字通り一番ですから、大事に大事に扱っているでしょうし、二番目は正直「時間がある時」「さびしい時」「本命と喧嘩した時」要員でしょうね。あなたが彼に従順なことを知っているからこそ、平気で呼び出してくるし、甘えてくるのです。もっと自分を大切にしませんか。その彼はそんなに良い男ですか。仕事に関して言えば、本命が可愛らしくて、いかにも守ってあげたいタイプであれば、彼は専業主婦になられても何ら問題はないのでしょう。むしろプライドの高い男は、自分より稼ぎのある女を嫌う傾向にあります。男は単純な生き物なので、ちょっとできないくらいの女の方が、まだまだ需要があるのです。本命の彼女と別れ、あなたが彼の本命になれる可能性は、限りなく低いと思いますよ。